消費者金融サービスの実態と仕組みについて

questionnaire-2834264_640

消費者金融という言葉にどのようなイメージをお持ちでしょうか。ヤミ金と消費者金融を同じと考えている人も多数おりますが、その二つは全く違います。前者は、法外な金利でお金を貸し付けて、返せなくなった場合法外な方法で取立てを行う業者のことを指します。

しかし後者は、法律にのっとった金利設定でお金を貸し、きちんと審査もある業者のことを指します。お金を借りるという行為において、必ず行われるのが審査です。基準となる項目は、職業、年齢、年収、クレジットカード利用歴、などです。

これらの基準から総合的に判断されて、お金を貸してもきちんと返せる人かどうか、ということを見極められます。しかし、ヤミ金と呼ばれる業者では、このようなきちんとした審査が行われないのが一般的です。未成年や、無職の人にでさえ、お金を貸し付ける場合があります。

当然そのような人の返済能力は低いため、法外の金利と合わせ借金が膨らみ、トラブルに巻き込まれるということが起こるのです。大手やきちんとした金融業者では、審査基準も厳しいため、そのようなトラブルが起きにくく、安心してお金を借りることが出来ます。

しかし、20歳に満たない人はこのようなサービスを利用することは出来ません。どうしても利用したい場合には、学生ローンや、限度額の低いクレジットキャッシングなどを利用すると良いでしょう。金融業といのは、信用が何よりも大切になってきます。

過去に何らかのお金を滞納したことがある、といった情報がある場合、審査に通らない、というようなことも考えられますので、お金の返済にはシビアになるということを心がけておくと良いでしょう。

返済についてのおすすめとメリット

さて、晴れてお金を借りることが出来たら、そのお金を使ったらきちんと返済しなくてはなりません。業者への返済方法は、口座引き落としか振込みが一般的です。しかし、気をつけなくてはならないのが、金利についてです。

もちろん、日々の生活費のことなどもありますから、借りたお金を一気に返済するよりも、毎月少しずつ返済していった方が良い、という考えの人もたくさんいます。しかし、年間にかかる金利を計算してみると、一括返済したほうが総合的に得をするという場合もあるのです。

毎月返済するお金には、それぞれに毎月金利がかかっています。例えば、借りたお金を1年間かけて返済するのと、1年間で返すべきお金を一括で返すのであれば、金利の上乗せ分は後者のほうが圧倒的に安くなるのです。そのため、やはりおすすめは一括返済です。

口座引き落としなどにしていても、連絡をすれば残りの返済額を一気に振り込んで引き落としてもらうことも可能です。基本的に金融業界では金利が設定されていますから、借りた額より少し多く返すのが基本です。

しかしそれを少しでも安くすることで、無駄なお金を払うこともなく、また信用も勝ち得ることが出来るのです。一括返済した場合には、その金融業者での信用もあがりますので、いつかまた利用する、という場面になったとき、金利の優遇が受けられるという可能性もあります。

そのような面から考え、返済は必ず計画的に行い、一括返済出来る場合には一括返済をする、という心構えで借りると良いでしょう。

即日融資のメリットと下調べの重要性

金融業界では、このような業者に依頼せずとも銀行でも融資が受けられますが、銀行の融資は審査基準が厳しいという現実があります。その分金利は通常よりも低いもので受けられますが、審査に落ちるということも考えられます。

消費者金融を利用するメリットは、基準がゆるいことと、即日融資を受けられるという点にあります。どうしてもすぐにまとまったお金を用意しなくてはならない、という場面は、人生において多々出てくる可能性があります。そのようなとき、即日融資出来る業者はとてもありがたいものです。

賢く利用しきちんと返済計画を立てることで、トラブルもなく生活を便利にすることが出来ます。ただし、即日融資に味をしめてしまい、無計画にお金を借りる、というような行為には注意しましょう。

返済能力があると見込んでお金を貸してもらっているわけですから、必ず期間内に返す、ということを念頭に置いておかないと、大手の金融業者を利用していても、滞納というトラブルが起きてしまうことがあります。自分でしっかり管理する能力というのを大切にしましょう。

また、バブルのころとは違い、近年消費者金融の業者も銀行傘下になっているところが増えてきており、業界の健全化が進んでいます。ヤミ金業者というのも、摘発が強化されてきたこともあり減ってきたという現状にあります。

しかし、まだまだヤミ金というのは存在していますし、小さな業者であれば金利をグレーゾーンで貸しているところも多くあります。

お金を借りるという際には、必ず借りる業者の下調べを行ってから借りるようにしましょう。

金融業者の賢い利用方法について

主婦でも借りられる消費者金融業者はないかと調べたことはないでしょうか。旦那には内緒でまとまったお金がすぐに欲しい、というような状況は、人生の中で多々あるものです。そのようなとき、利用するのが消費者金融の業者です。しかし、お金を貸す業者というのは、貸し付けるときに必ず審査というもを行います。

その人の個人情報を調べ、きちんと返済する力があるかどうかということを見極めるのです。その審査に置いて、主婦は圧倒的に不利な状態にあります。審査基準は、ある一定の年収があること、過去に金融トラブルがないこと、働いていること、などになるからです。

無職で収入もない専業主婦の場合、このような審査基準を満たすことが出来ず、お金を借りることが難しくなってしまうのです。特に、信用のおける大手の金融業者だと、仕事をしていない主婦には貸さない、ということが前提になっている場合も多いのです。

金融業者も、金利によって利益を得なくてはなりませんので、収入のない人は、審査時点ではずされてしまうのです。しかし、だからといってお金を借りることが不可能である、というわけではありません。中には、主婦でもOKという文句を掲げている業者もありますので、全てにおいて断られるわけではありません。

しかし、そのような場合でも、注意書きとしてある一定以上の年収があることが条件になっている場合も多く、パートをしている場合はOKですが、完全なる専業の場合はNGということもあります。専業の女性がお金を借りるということは、多少ハードルがあがってしまうというのが現在の状態にあるのです。

では、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

専業主婦専用の業者の利用について

089848

そこで、おすすめなのが専業の女性に特化したサービスを行っている業者を利用することです。通常、消費者金融では、無担保というのが基本になります。

返済が出来なかった場合のことを保証するための担保という制度ですが、これが設定されていないために、もしも返済が滞ってしまった場合、業者は損をしてしまうということになるのです。

しかし、専業の女性を限定にしたサービスを展開している業者では、必ず保証会社を通して貸付を行います。そのため、万が一返済が出来なかった場合、業者が損をするというリスクが減るのです。このような仕組みから、専業の女性に特化したサービス業者が経営を続けていけるのです。

また、銀行ローンやクレジットキャッシングを使うという方法もあります。銀行ローンも、同じく保証会社を通していますので銀行が損をするということはなく、クレジットキャッシングでは限度額を設定しているので、借りすぎるということもなく、審査もなしで簡単にお金を引き出すことが可能になります。

クレジットキャッシングでは、カードがあればATMでいつでもお金を引き出せる、というサービスがありますので、とても気軽に利用出来るのではないでしょうか。また、初回限定で30日間無利息、というようなサービスを謳っている金融業者もあります。

そのようなところでは、借りることさえ出来れば、きちんと返済すれば無利息でまとまったお金を手に入れることが出来、余計な金利上乗せ分を支払う必要もなくなります。様々なサービスを調べることで、無収入でもお金を借りるということは可能なのです。

保証人制度と返済における注意点

また、金融業者でお金を借りる際に注意しなくてはならないのが、保証人や連帯債務人という項目です。設定していないところもありますが、基本的にお金を借りる際には保証人という人を設定します。

保証人とは、お金を借りた人が何らかの理由で返済能力を失った場合、代わりに保証人が返済をしなくてはならない義務を負うということを取り決める制度です。連帯債務人というのも、大体同じ意味でとらえて良いでしょう。

この保証人制度は、様々なところでトラブルの元になっているパターンが多いのです。仲の良い友人や会社の先輩などに頼まれて気軽な気持ちで保証人になってしまったことで、自分が借りたわけでもないのに借金を肩代わりしなくてはならないという状況に陥ってしまうからです。

特に、専業をしている女性の場合は、収入がないという点から保証人をたてるのが必須条件になっている場合も多くあります。保証人をお願いする際には、きちんとした覚悟でお願いするようにしましょう。

自分の返済能力がなく逃げ出してしまった場合、人間関係は崩壊してしまうことになりますし、ひとりの人の人生を変えてしまうという可能性も出てきます。慎重に保証人を立て、堅実な金額でお金を借りましょう。

また、返済するにあたっては、出来るだけ一括返済を目指しましょう。月々返済していくよりも、金利上乗せ分が少なくなりますし、金融業者内での信用も得ることが出来ます。

以上のようなことに注意しながら、賢く金融業者を利用しましょう。
参考サイト:消費者金融ランキング